Himachal View theme

駐車違反にご注意

○意外にやっちゃう駐車違反
「違反するつもりはなかったのに、違反しちゃった」ということも多い注射違反。
自分では違反をしているつもりがなかったのに、違反をしてしまうとちょっとショックですよね。
自動車学校に行った時点で駐車違反のことはすべて学習しているはずなのですが、意識していないと間違って駐車違反を起こしてしまった!ということがあるから油断できません。
実は、管理人も駐車違反をしそうになったことが何度かあります(汗)。
違反しようと思ってしようとしたんじゃないのですが、気づいたら違反だったんですよね・・・。
意識しないとはいえ、こうやって違反をしてしまうとちょっとショックです。僕の場合は事前に自分で気づいたから良かったんですが・・・。

●駐車禁止区域について復習しておきましょう
まず、「駐車違反」について復習をしておきましょう。
一体どんなことが復習につながるのかについて考えておかなくてはなりません。
まず、ひとつめは「標識がある場所」。標識がある場所に車があると見にくくなりますし、邪魔になるので注意が必要になります。また、これは当たり前ですが踏切の中は絶対ダメ。まあ、わざわざ踏切の中に駐車しようとする人はいないでしょうね。間違って車が電車にひかれたら大変なことになってしまいますから・・・。
踏切の中にとめるのがダメなのはもちろんですが、踏切の10メートル以内もダメなので、この点はきちんと意識してみて下さい。運航している間はバスの停留所粗10メートル以内にとめるのもダメですし、横断歩道から5メートル以内の道路に駐車するのもダメなんです。ここまで細かいと、意識しなくても違反を起こしてしまう可能性がありますよね。だから、「車をちょっととめたい」と思ったら、それが駐車違反になっていないかをいちいち確認する様にしてください。「ここは大丈夫だよね」と思って駐車したら、違反だった!なんて報告は意外によく聞きます(汗)。
せっかくのお出かけで駐車違反になってしまうとテンションも下がるので、あらかじめ気を付けることが大事です。

●駐車違反は罰金と原点の対象です
当たり前のことですが、駐車違反は罰金の対象にもなれば原点の対象にもなりますので、見つかれば罰を受けなければなりません。無意識で駐車して、罰金をとられたらかなりのショックですよね。そうならないように、しっかりと「どうすると罰金になってしまうのか」について確認をしておきましょう。

Published by under 管理人拙筆

タグ

駐車違反にご注意 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed at this time.

検索