Himachal View theme

奥武蔵グリーンライン

■サイクリングを楽しみたい人に♪
バイクでガーッと走るのもいいですが、自転車でのんびりとサイクリングをしてみるのもいいです。
僕はわりと自転車が好きなんで、ふらりとサイクリングロードに立ち寄ることがあるのですが、サイクリングって風も気持ちいいしオススメですよ~。
さて、そんな「サイクリングが好き!」という人にオススメしたいのが「奥武蔵グリーンライン」。
奥武蔵グリーンラインとは、サイクリングをしたい人のために作られたサイクリングロードのことです。これが結構いいサイクリングロードで、県外から走りに来る人もいますよ。自転車でツーリングを楽しみたい!と考えている人にはめちゃくはオススメなので、ぜひ行ってみてくださいね。

○奥武蔵グリーンラインのルート紹介
では、奥武蔵グリーンラインのルートを簡単にご紹介。
まず、道は「ときかわ町体育センター」から始まります。
この辺りは「相模街道」と呼ばれる旧街道が走っていた場所。昔はこの街道を使って人が行き来したものでした。一時期はこの街道を中心に賑わいを見せたポイントなので、今でもその名残をあちこちにみることができます。サイクリングをする時は、ただ走るだけでなく街をよーく見てみて下さい。「?この建物・・・・」というのがあったら、それは旧街道の建物かもしれません。
それを過ぎると、今度は「鎌北湖」を目指すことになります。
「湖」といっても小さい人工の池みたな感じですが(笑)、この辺りも昔の雰囲気がそのまま残っていて良いんです。
都会にはない田舎の道をわざとそのまま残しているので、オススメですよ。湧き水もあるので、ここでお水を飲んでみてください。まず、湧き水がある時点ですごいことだと思いませんか?僕も何度か走っていますが、ここの雰囲気は埼玉という感じがしなくて大好きです。
ここから北向地蔵にいきますが、ここに入るといきなり坂がきつくなるので注意!坂がたくさんあるので、体力を考えて走らないとあっという間に息切れしてしまいます。なれたひとだとスイスイ行くんですけどね・・・。僕は何度も走っていますが、ここは何度走ってもあっという間に抜かれたりして大変なスポットです。
そこから傘杉峠~不動茶屋~りんどう茶屋~白石峠~定峰峠~白石バス停~小川町駅のルートで走ることになります。みればわかりますが、かなりのルートになるので時間があるときにゆっくりやってくださいね~。自転車で走る練習でもない限り、のんびりルートで走ることをオススメしたいです。

Published by under 秩父地域

タグ

奥武蔵グリーンライン はコメントを受け付けていません。

Comments are closed at this time.

検索