Himachal View theme

武蔵一宮 氷川神社

●スサノオノミコトを祀った神社・氷川神社
埼玉県内にもたくさんの神社がありますが、そのなかの一つに「氷川神社」があります。
この氷川神社、実はあのスサノオノミコトを祀っているということで非常によく知られている神社で、
この神社を目当てにたくさんの人がこの地を訪れます。

スサノオノミコトは、太陽をつかさどるアマテラスと月を司どるツキヨミの弟として生まれました。
スサノオノミコトは、夜の世界か海をおさめるようにと勧められましたが、なぜかこれを断り、
母のところへと行こうとします。それがイザナギを怒らせることになってしまいました。

居場所をなくしたスサノオノミコトは、姉であるアマテラスを訪ねますが、
この訪問を戦いの合図と受け取ったアマテラスに攻撃されかけてしまいます。
誤解が解けてからはアマテラスのもとにとどまりましたが、姉の立場を利用するようにやりたい放題やってしまい、
挙句に住人に迷惑をかけてしまったため、
失望したアマテラスが天の岩戸に入ってしまうきっかけを作ることになりました。このくだりは有名ですよね。

アマテラスが閉じこもってしまえば、太陽が出なくなるので農作物が育ちません。
そこで、人々は楽しい催しをすることでアマテラスの気を引き、誘い出すことに成功したのです。

これによりアマテラスは再び外に出ましたが、スサノオノミコトは追放をされてしまいました。
いよいよ追い詰められたスサノオノミコトですが、
旅の途中に娘を生贄に出し続け最後の娘も出さなければならないとなった両親に出会い、
その両親のために大蛇を退治します。
その後は人質になるはずだった姫と結婚し、島根で生涯を終えました。
そんなスサノオノミコトとイナダノヒメノミコト、
オオナムチのミコトが祀られたこの神社には、国土の安定と民の幸せが込められているとも。

難しい話をしてしまいましたが、神社自体も非常に美しく格式もたかく、
そういった意味で見ごたえがある建造物です。かなり広い神社ですので、
ただ歩いてみるだけでも見ごたえあり。
不思議と荘厳な気持ちになる神社なので、そういったことも感じてみてくださいね。

神話の世界は私たちとは縁遠いと思われがちですが、神社を訪れてその雰囲気を感じてみるだけでも、その意味に近づくことができるような気がします。
神社はパワースポットとも言われますが、その意味がしっかりわかる神社です。
落ち込んだときにいくとパワーをもらうことができそうですね。

Published by under 中央地域

タグ

武蔵一宮 氷川神社 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed at this time.

検索